うつ病 接し方 禁句

うつ病の接し方で禁句がある!?

一般的にはうつ病の接し方で禁句があると言われています。よく耳にするのは励ましてはいけないということです。しかし、私はこのことには疑問があります。

 

 

なぜうつ病の人との接し方で励ますような言葉は禁句になるのでしょう。その答えは一般的にはこうなると思います。

 

 

<うつ病になる人は頑張り屋さんだから、励ますと余計にプレッシャーになってしまう>

 

 

 

「一生懸命頑張ってきたのに思うような自分になれず、現実も思うようにならない。」

 

 

「目の前に大きな壁が立ちはだかり、もうどんなに頑張ってもどうにもならない。」

 

 

「誰にも認めてもらえない。」

 

 

「自分なんて存在していても意味が無い。」

 

 

 

こんな思いの中に閉じ込められてしまっていると、周りの人がどんなに励ましても、逆効果になってしまうことでしょう。

 

 

励ませば励ますほど、「誰も自分をわかってくれない」と思い、孤独感はますます強くなってしまいます。

 

 

ここまで頑なになると、どんな言葉をかけても同じことです。

 

 

ある意味でうつ病の接し方での禁句とはすべての言葉になることでしょう。

 

 

では何も言ってはいけないのか?

 

それならどう接したらいいのか?

 

 

これでは腫れ物にさわるような気持ちになってしまいますよね。

 

 

それではうつ病との接し方はどうしたら良いのでしょう。

 

 

何も言えないのならどうしますか?

 

それはそんなに難しいことではありません。

 

 

相対的に考えてみると答えは出てきますね。

 

 

言ってはいけないなら、聞いてあげればよいのです。

 

焦らずにゆっくりと時間をかけて、ひたすら聞くことに全力を傾けるのです。言葉が出てこなくても、じっと待ち続けるのです。

 

 

決して口を挟むことも否定することもダメです。どんな言葉が出てきても、必ず肯定する言葉で相槌を打ってあげることです。

 

 

1日や2日でやめずに、何日でも聴き続けます。そうするとモヤモヤした思いが少しづつ晴れてきて、心が軽くなってくるはずです。

 

 

 

うつ病というのは鬱のエネルギーが心のなかに溜まっていてどんどん膨らんでいくことでなるものです。

 

 

ですのでその鬱のエネルギーを心の外に出さなければうつ病は改善されません。そのエネルギーを心の外に出す方法の一つが否定せず、肯定しながらひたすらに聞き続けることなのですね。

 

 

心のなかにたまっているもやもやを自分の口から吐き出すことが出来れば、自分で大切なことに気が付いて行くものです。

 

 

そうすれば自分で自分をコントロール出来るようにもなって行けることでしょう。

 

 

精神的な病を治そうとした時に大切なことは、心の中にたまっている邪なエネルギーを浄化することです。その浄化の力はひとりひとりの心の中にすでに備わっている力なのです。

 

 

誰かがなんとかしてくれるものではありません。それは自分でやらなければならないものです。

 

 

うつ病との接し方に悩んでいる人は、相手からその力を引き出すような縁となって関わることを考えてほしいと思います。

 

 

まずはじめは聞くことから始めてみてください。

 

 

やってみるとわかりますが、この聞くということは意外と難しいことです。なのでやってみるとあなたにも大きな気づきが訪れるものです。その時にあなたの心も大きく成長していることでしょう。

 

 

その時には、相手をうつ病にさせていたのは私だったと気が付くかもしれませんね。その時あなたは本当の幸せを手にすることでしょう。

スポンサーリンク

関連ページ

うつ病チェックについて
うつ病チェックをやってみて、うつ病の疑いがあると出たらどうしますか?
うつ病と症状について
うつ病は症状を自覚してその原因がわかれば、自分の力で治すことができるものです。
うつ病と診断されたら
うつ病は診断されるとショックを受けたり、またはホッとするかもしれません。どちらにしてもあまり気にせずに生きましょう。
うつ病の原因について
本当の意味でうつ病を治すためには原因を知らなければならなりません。うつ病の本当の原因とは!?
うつ病の治療について
うつ病の3大治療には休養、薬、カウンセリングがあります。これらはうつ病の改善に本当に効果はあるでしょうか。
うつ病の接し方について
うつ病の接し方で悩んでいるあなたに、うつ病の正しい接し方をご紹介します。
うつ病,を克服するには
うつ病を克服するのはとても難しいものです。治ったと思ってもまた繰り返してしまうのがうつ病の特徴とも言えるでしょう。では本当の意味でうつ病を克服するにはどうしたら良いのでしょうか。
うつ病 仕事
うつ病で仕事が出来なくなった時、人生に絶望してしまうこともあります。そんな時にはどうしたら希望が持てるかを考えてみましょう。
うつ病 休職
うつ病のために休職することで悩むなら起業するべしとは!?その理由をご紹介します。
うつ病の薬で知るべき重要ポイントとは?
あなたがうつ病の薬について不安を持っている場合、知る必要がある重要なポイントを私の経験のもと、感じたままをご紹介します。
うつ病の治し方の基本とは!?
うつ病の治し方はいろいろありますが、その基本を知るとこは大切です。ここではうつ病の治し方の基本となる考え方をご紹介します。
うつ病は本当に完治できるのか!?
うつ病は完治が難しいと言われています。もしうつ病が完治するとしたらどんな方法があるのかを自身の経験を基に考えてみました。
うつ病の初期症状
うつ病の初期症状でやってはいけないことと、やらなければならないことを私の経験を基に考えてみました。
うつ病でも病院に行きたくない
うつ病で病院に行きたくないのは普通ですね。うつ病は病院に行かなくても自分で治すことが出来るので、その道を選べるといいですね。
うつ病の再発を防ぐために大切なこと
うつ病は再発しやすい病気と言われていますが、うつ病がなぜ再発するのかを知れば、再発は防ぐことは可能になるはずです。
うつ病と甘えには関連性がある!?
うつ病を患っている人に対して周りの目が厳しいのは、甘えていると映るからだと思います。うつ病と甘えには関連性があるのかを考えてみます。
うつ病の種類で治し方も変わる!?
うつ病は条件によって種類も異なってくるようです。直し方も条件によって変えた方が効果的かもしれません。
うつ病は治る?治らない?
うつ病と診断され、治ることを期待して治療をしていても、治らないのではと不安になることもあるでしょう。うつ病が治るか治らないかの分かれ道があることを知ることは大切だと思います。
うつ病は病気ではない!?
うつ病は病気ではないという専門家も最近では見られるようになりました。病気でなければ何なのでしょう。その意味を考えてみました。