パニック障害 仕事

パニック障害でも仕事ができる

パニック障害になるとどうしても仕事に支障が出て来ると思います。パニック発作は仕事中でも突然に襲ってくるので大変です。

 

 

特に会社員の場合は歯車のような個々の役割があるので、場合によっては部品のように交換されてしまうこともあるかもしれません。

 

 

パニック障害の難しさは、一度なってしまうと簡単には治らないことです。薬の治療でも発作を押さえることはできません。ある程度軽減する程度になると思います。

 

 

仕事中に発作が起きると大変です。少なくても30分から1時間位は仕事にならないと思います。

 

 

またいつ起きるかわからないと言う緊張感も発作に拍車をかけてしまいます。

 

 

会社にパニック障害に理解のある上司や同僚がいて、会社自体がしっかりしていれば問題無いと思います。しかし、今の社会ではそんないい会社はどこにもありません。

 

 

そんな社会だからこそパニック障害やうつ病など様々な精神疾患が蔓延しているのだと思います。

 

 

人間の社会の異常性がここにあると思います。ある意味ではパニック障害を起こす人のほうが正常でないかと思ってしまいます。

 

 

一種の適応障害とも考えられる精神疾患が多いのは異常な社会の現れかもしれません。

 

 

パニック障害になった人はこの社会に適応してはいけないという呼びかけのようにも思えてきます。だからパニック障害になった私はこの社会から抜けだそうとしました。

 

 

どこか人のいない田舎に行って自給自足をしようと思いました。仕事は他人に強制されてするものではないと思います。

 

 

仕事の原点は自分自身が生きるためのものです。自然の中では自分が生きるために、自分で衣食住の基本を整えなければなりません。

 

 

毎日の食事や衣服、家のことについて取り組むことが仕事です。自然の中で生きるのに必要なものは知恵です。

 

 

今の社会は一人ひとりが知恵を失い退化しています。もし今大地震が来てインフラが麻痺したらあなたは生きていけますか?

 

 

ちょっとだけでも想像してみてください。電気やガス、水道が止まったらどうしますか?今日一日の生活ですら出来なくなってしまうでしょう。

 

 

数々の大災害を経験した日本人なら、いつ何が起きるかわからないのが世の中だということが理解できるはずです。

 

 

いま世界はこれまで経験したことのない未曾有の危機状況に突入しました。この時代を生き抜くためには自然回帰しかありません。

 

 

自然の中で自然に生かされていることに目覚めた生活をすることが我が身を助けることでしょう。

 

 

そのことを考えた時にパニック障害は救いになります。無理して仕事を続けない方が良いと思います。

 

 

自分にとって絶対の安心に至る道を探して歩んでほしいと思います。私がオススメするのは自給自足の田舎暮らしです。

 

 

2〜3年くらい田舎暮らしを経験すれば、パニック障害も改善されてゆくと思います。都会の生活のリズムと田舎暮らしのリズムは全く違います。

 

 

人間の中には自然のリズムが流れています。精神的な病は自然のリズムから大きく離れた時に起きます。多様性のある自然のリズムに心のリズムが共鳴すればパニック障害といえども治ってゆくものです。

 

 

今の都会は戦場のような場所になってしまいました。例えるなら大東亜戦争の末期だと思います。直接に命の危険が伴っている状態ででしょう。

 

 

あの頃は疎開という避難方法がありました。現代社会の戦場において生きるのが危険になって人は田舎に疎開するということを考えたほうが良いと思います。

 

 

 

都会しか知らない人は田舎には何もないから生きられないとよく言います。でもそれは間違いです。人間が人間として生きるために必要な自然がまだ少しは残っているのが田舎です。

 

 

たとえ電気やガスや水道がなくても人間として生きていけるのが自然の豊かな田舎です。

 

 

その田舎で本当の仕事をしながら生きれるのは幸せなことだと思います。

 

 

私は田舎と都会の昔と今の両方の生活を知っています。だからこそ言えることです。

 

 

どちらが良くてどちらが悪いということではありません。両方共に良さがあります。

 

 

でも、今の社会では両方の良さが埋もれてしまい、悪いところだけで生きてしまっているようです。

 

 

多様な価値観が失われてしまった社会は滅亡します。パニック障害だけでなく精神疾患を患った人は、自分自身の本当の価値観を思い出してみて欲しいのです。

 

 

嘘の価値観に洗脳されてしまっているところから、自由になってほしいと思います。そうすれば自分の本当にやりたい仕事が見つかるはずです。

 

 

それは今の社会の中にないかもしれません。だったらある場所へ行くという選択もありです。

 

 

いま私も新しい価値観を持って田舎を目指しています。

 

 

「君の志は何ですか?」

 

 

吉田松陰の言葉が今こそ必要な時代かもしれませんね。

スポンサーリンク

関連ページ

パニック障害の症状に改善の糸口を探してみよう
パニック障害の症状を理解すれば改善するための方法も見つけることができます。ここではパニック障害の一般的な症状をご紹介します。
パニック障害の原因を紐解く
パニック障害の原因はまだ詳しくはわかっていません。そこで私の経験から原因と思われるものをご紹介したいと思います。
パニック障害は薬で治るもの?
パニック障害は薬で治るのか知りたいですか?私がパニック障害で薬を飲んでいた経験からご紹介します。
パニック障害の診断は難しい
パニック障害の診断の難しさについて考えてみました。
パニック障害を克服するために大切なこと
パニック障害を克服した私が最も重要と感じることをご紹介しています。
過呼吸とパニック障害は違う?
過呼吸とパニック障害についての体験から、その違いについて考えてみました。
パニック障害は漢方の効果を期待しない方がいい!?
パニック障害を治したいと思ったら、向精神薬か漢方薬かどちらが効果的なのか、経験を元にした私の個人的な考え方をご紹介します。
パニック障害は自分で治療しよう
パニック障害は自分で治療しなければ治らない病気です。病院だけに依存していては治せません。
パニック障害のチェックが恐い!?
パニック障害のチェック項目があったのでやってみたら、ほとんど当てはまりました。でも恐くはありません。
パニック障害が完治する方法
パニック障害が完治する方法をご紹介します。
パニック障害の正しい接し方
パニック障害の場合、家族や職場での接し方がわからなくて困っているという方は多いと思います。そこで、パニック障害を経験している側から見た正しい接し方について考えてみました。
パニック障害とカフェインには関連がある!?
パニック障害でパニック発作の要因の一つにカフェインがあるという説は本当でしょうか?ということでパニック障害を持つ私の体験をご紹介します。
パニック障害は閉所恐怖症でもなる!?
パニック障害と閉所恐怖症にはどんな関連があるのかを経験を通してご紹介します。
パニック障害を薬なしで治す方法
パニック障害は薬なしで治すことができるものです。時間はかかりますが、少しずつ改善されて問題がないところまで治すことができる方法を、体験をもとにご紹介します。
パニック障害の不安感を解消する方法
パニック障害の不安感はつらいですね。そんなパニック障害の不安感を解消する方法を同じ経験を持つ私の体験をもとにご紹介します。
めまいでパニック障害を起こすのはなぜ!?
めまいはパニック障害によくある症状ですが、めまいとパニック障害の関係を自らの体験を基に考えてみました。
パニック障害の対処法
パニック障害を経験している私がパニック発作の時に行った対処法をご紹介します。
パニック障害に効く薬はどれ!?
パニック障害に効く薬を探しているあなたに、私がパニック障害を克服した秘密の薬をこっそりお教えします。
パニック発作とは!?
パニック発作を克服するために、パニック発作とはどんなものかを考えてみましょう。