めまい パニック障害

めまいでパニック障害を起こすのはなぜ!?

めまいはパニック障害によくみられる症状です。でも、めまいがしただけではパニック障害とは言えません。

 

 

私の経験では、めまいはパニック障害の症状と言うよりも、めまいはパニック発作を引き起こすキッカケとなるものだと思います。

 

 

パニック障害にはパニック発作を起こすきっかけとなる身体的な状態があります。

 

 

めまいもその一つだと考えるとわかりやすいと思います。

 

めまいの他には動悸やふるえ、手足のしびれ、息苦しさ、胸や背中の違和感、吐き気等々、病気とも取れるような様々な状態があります。

 

 

パニック障害の場合はこれらが連動して一気に出る時もあります。それはとても恐ろしい現実を想像させるものです。

 

 

肉体的病気との違いは、心の中の強い不安や恐怖が身体に現れているもので、身体的な病気は検査でも見当たらないというものです。

 

 

身体的な病気の場合、これらの症状は重い病気の可能性もあります。

 

 

めまいも病気の場合は一刻を争うこともあるでしょう。そういうことに不安や恐怖感を持っている場合には、パニック発作を起こしやすいと言えるかも知れません。

 

 

一般的にはそういった不安や恐怖があるだけでは、パニック障害にはなりません。

 

 

長年にわたって心の傷が刺激され限界を超えた時や、突然に大きなショックを受ける出来事を体験したりした時などにパニック障害を引き起こすと考えられます。

 

 

パニック障害は心も身体も敏感になりすぎるものです。一度そうなるとちょっとした事でも簡単にパニック発作を起こすようになってしまいます。

 

 

めまいや様々な症状とパニック発作が連動してしまうような自動回路が一度生まれてしまうと大変なことになります。

 

 

自動回路は意識しなくても瞬間的に反応し、一瞬にして回ってしまうものです。

 

 

一度ついたクセはなかなか止められないのと似ています。

 

 

心は現実と違って限りなく妄想は膨らんでいくものなので、とても難しいものですね。今の科学では物質についてはとても発達しています。しかし、心のエネルギーの分野では赤子と同じようなものです。

 

 

パニック障害だけでなくその他の精神疾患には、心のエネルギーの問題があります。

 

 

心はまだ何も解明されていないと考えると良いでしょう。

 

 

精神疾患を治すことの難しさはここにあります。

 

 

そのために対処療法として薬が主に使われる事になります。心の喜怒哀楽を薬によってコントロールしようとするものです。

 

 

これは一種の魔薬のようなものです。使いすぎると大変な事になります。

 

 

本来ならば自分の心は自分でコントロールできるようになるものです。精神疾患は心がまだちゃんと育っていないということの現れと考えると良いのではないでしょうか。

 

 

治療と言うよりも心を育てるということの方がわかりやすいと思います。心を育てるには薬は不用です。

 

 

心が育ってないということだけで、病気ではないとも言えると思います。

 

 

にも関わらず薬を飲んでしまうと、そこで病気ということになってしまうものでしょう。

 

 

もし心の病気として捉えても、薬は物質的なものではダメだと思います。心の病気には心の薬を使うことが最善の治療だということです。

 

 

心の薬を簡単な言葉で表すと、何らかの見返りを求めない「無償の愛」ということになると思います。

 

 

両親や周りの大人の愛を十分に受けて育った子供は、パニック障害にならないということを聞いたことがあります。

 

 

私も両親はいましたが、幼少の頃は親が誰だかわからないような環境で育ちました。親と言われている人はとても恐い印象で不安と恐怖を与えてくれるような存在でした。

 

 

そんな環境が、後にパニック障害を引き起こす原点になっていたのだと、自分の心を見ながら振り返った時にわかりました。

 

 

子供を愛さない親はいないと思います。でも時には愛したくても愛せないような環境の中で生きなければならないこともあるでしょう。

 

 

そういう両親の心を知った時に、発作も少しずつ軽くなってゆきました。

 

 

 

最後にめまいで不安になる人のために、私が経験しためまいの原因をご紹介します。

 

 

  • 鼻と耳に問題を抱えている場合。
  •  

  • 首の付根、頚椎の一番当たりに問題を抱えている場合。

 

私の場合はこの二つが大きかったようです。

 

 

最近では血圧も高くなりその影響でもめまいがしてますが・・・。

 

 

 

耳鼻科に問題がある場合は気圧の谷が来るとめまいを起こしやすいですね。なので私は天気予報が出来ます(笑)。

 

 

クビに問題がある場合は動かす角度でめまいが起きます。私の場合は下を向いて緊張した状態になるといつでもめまいが起きます。

 

 

これらを知らない時には、いつでもパニック障害でした。原因がわかれば不安もなくなり発作も少なくなるものですね。

 

 

とは言え、他にも複雑に絡み合っているので、一筋縄では行かないものですね。急がば回れで根気よく紐解いていくとイイですね。

スポンサーリンク

関連ページ

パニック障害の症状に改善の糸口を探してみよう
パニック障害の症状を理解すれば改善するための方法も見つけることができます。ここではパニック障害の一般的な症状をご紹介します。
パニック障害の原因を紐解く
パニック障害の原因はまだ詳しくはわかっていません。そこで私の経験から原因と思われるものをご紹介したいと思います。
パニック障害は薬で治るもの?
パニック障害は薬で治るのか知りたいですか?私がパニック障害で薬を飲んでいた経験からご紹介します。
パニック障害の診断は難しい
パニック障害の診断の難しさについて考えてみました。
パニック障害を克服するために大切なこと
パニック障害を克服した私が最も重要と感じることをご紹介しています。
過呼吸とパニック障害は違う?
過呼吸とパニック障害についての体験から、その違いについて考えてみました。
パニック障害は漢方の効果を期待しない方がいい!?
パニック障害を治したいと思ったら、向精神薬か漢方薬かどちらが効果的なのか、経験を元にした私の個人的な考え方をご紹介します。
パニック障害は自分で治療しよう
パニック障害は自分で治療しなければ治らない病気です。病院だけに依存していては治せません。
パニック障害のチェックが恐い!?
パニック障害のチェック項目があったのでやってみたら、ほとんど当てはまりました。でも恐くはありません。
パニック障害が完治する方法
パニック障害が完治する方法をご紹介します。
パニック障害でも仕事ができる
パニック障害になって仕事をどうしたらいいのか迷うと思います。そこでパニック障害でも仕事を続けてきた私の経験をご紹介したいと思います。
パニック障害の正しい接し方
パニック障害の場合、家族や職場での接し方がわからなくて困っているという方は多いと思います。そこで、パニック障害を経験している側から見た正しい接し方について考えてみました。
パニック障害とカフェインには関連がある!?
パニック障害でパニック発作の要因の一つにカフェインがあるという説は本当でしょうか?ということでパニック障害を持つ私の体験をご紹介します。
パニック障害は閉所恐怖症でもなる!?
パニック障害と閉所恐怖症にはどんな関連があるのかを経験を通してご紹介します。
パニック障害を薬なしで治す方法
パニック障害は薬なしで治すことができるものです。時間はかかりますが、少しずつ改善されて問題がないところまで治すことができる方法を、体験をもとにご紹介します。
パニック障害の不安感を解消する方法
パニック障害の不安感はつらいですね。そんなパニック障害の不安感を解消する方法を同じ経験を持つ私の体験をもとにご紹介します。
パニック障害の対処法
パニック障害を経験している私がパニック発作の時に行った対処法をご紹介します。
パニック障害に効く薬はどれ!?
パニック障害に効く薬を探しているあなたに、私がパニック障害を克服した秘密の薬をこっそりお教えします。
パニック発作とは!?
パニック発作を克服するために、パニック発作とはどんなものかを考えてみましょう。