パニック障害 不安感

パニック障害の不安感を解消する方法

一度パニック障害になると常に不安感はつきまといます。

 

何の前触れもなく突然訪れるパニック発作の恐怖は、経験したことのある人でなければわからないものですね。

 

 

不安感のために心も身体も絶えず緊張している状態にあります。これは無意識に働いてしまうもので、自分でもどうにもならないような苦しみです。

 

 

私はそんな苦しみの中から開放された一人です。

 

 

パニック障害は完治するのが難しい病気と言われています。一時治ったかに見えても突然再発したりしてさらに苦しい状態にもなりかねないものです。

 

 

薬を飲んでいても、薬をやめてもパニック発作は起こります。薬を飲んで確実に治るのなら私も薬を飲み続ける選択をしたと思います。

 

 

しかし、飲み続けても治るどころか別の病気を引き起こしてしまうなんて意味が無いと思い、やめることに決めました。

 

 

でもそれまで不安感を解消するために薬を飲んでいたので困りました。そして薬以外に不安感を解消するものを見つけることにしたんですね。

 

 

私が不安感を取り除くために選んだ方法はたくさんあります。その方法を少しご紹介してみたいと思います。

 

 

  • 生まれ育った場所へ帰る時を持つ。
  •  

  • 心がやすらぐ歌をいつも聞いている。
  •  

  • 心が安らぐドラマや映画を見る。
  •  

  • 好きな人のことを思い続ける。
  •  

  • カイロやリフレ、整体など、身体が心地よい刺激を得られるものを続ける。
  •  

  • 身体を動かして心地よい汗を流す。

 

 

等々。

 

 

基本的には、自分の不安感が少しでも癒やされると思える物事を探して続けてみるということですね。

 

 

絶えず心が不安のために緊張していますので、普段からやすらぎの環境を整えることは大切だと思います。

 

 

でもパニック障害のまっただ中にいると、そういうものを探すのはとても難しいものですね。

 

 

はじめのうちは何をやっても不安からなかなか離れることが出来ません。私もそうでした。

 

 

でもあきらめてはいけません。

 

 

ポイントはちょっとでも癒やされた感覚のあるものは出来る限り続けてみることですね。

 

 

続けていくうちに少しずつですが集中力も育ってきます。

 

 

パニック障害の根本には自分自身を見失っていて、根がない状態があります。

 

 

本来の自分を取り戻し、人も世界も信じられるようになることが、パニック障害から開放される極意です。

 

「私はどこから来てどこへ行こうとしているのか」という本質がわかるとほとんどの精神的な病は解消されて行くことでしょう。

 

 

心のなかにある不安感は必ずある出来事をキッカケとして始まり育ってしまったものです。でもそれは漠然としたものになっていると思います。

 

 

それを紐解いて行くことは大切なことだと思います。私もパニック障害の根は子供のことの体験にありました。

 

 

大人の自分には大したことがないものでも、子供の心はとても大きな不安や恐怖になります。

 

 

その子供の心が大人になってもしっかり存在しているのですね。最もたちが悪いのは忘れていて思い出せない感覚です。

 

 

不安や恐怖としか言葉では表せないものになってしまっていることです。その感覚が今も様々な出来事の中で育ちながら大きくなってしまうのですね。

 

 

元々がどんなものだったかも、わからなくなってしまった不安に支配されてしまうと、現実のあるがままの世界が見えなくなってしまうのです。

 

 

妄想が膨らみ、それが現実に映ってしまいます。

 

 

さらに薬の作用が加わると人格が破壊されかねません。

 

 

ここで大切なことは、不安というのは自分が作り出した妄想でしかない、ということを知ることです。

 

現実とはあるがままの事実が存在しているだけのものです。

 

 

人間は不思議なもので、それぞれの人生経験によって、同じものごとを前にしても、不安になる人もいれば、嬉しくなる人もいます。

 

 

例えば私は馬のいななきに恐怖を覚えます。馬を見ると不安にかられてしまいます。

 

 

でも、一方で上手の好きな人は違いますよね。馬のいななきにも不安など覚えず、逆に嬉しかったりするんじゃないでしょうか。

 

 

同じ馬の姿を見ても私みたいに怯える人もいれば、一方で楽しむ人もいるのは不思議だと思いませんか?

 

 

強い不安感を持っている人も、その根を見てみたら妄想を膨らませていただけだということに気がつくと思います。

 

 

それでも一度ついた不安感は簡単にはなくなりません。でも少しは軽くなり楽になると思います。

 

 

私もそうやって自分の心を見つめながら、少しずつ妄想から離れて現実を見れるようになりました。

 

 

そのおかげでパニック障害も、今ではまったく気にならなくなりました。

スポンサーリンク

関連ページ

パニック障害の症状に改善の糸口を探してみよう
パニック障害の症状を理解すれば改善するための方法も見つけることができます。ここではパニック障害の一般的な症状をご紹介します。
パニック障害の原因を紐解く
パニック障害の原因はまだ詳しくはわかっていません。そこで私の経験から原因と思われるものをご紹介したいと思います。
パニック障害は薬で治るもの?
パニック障害は薬で治るのか知りたいですか?私がパニック障害で薬を飲んでいた経験からご紹介します。
パニック障害の診断は難しい
パニック障害の診断の難しさについて考えてみました。
パニック障害を克服するために大切なこと
パニック障害を克服した私が最も重要と感じることをご紹介しています。
過呼吸とパニック障害は違う?
過呼吸とパニック障害についての体験から、その違いについて考えてみました。
パニック障害は漢方の効果を期待しない方がいい!?
パニック障害を治したいと思ったら、向精神薬か漢方薬かどちらが効果的なのか、経験を元にした私の個人的な考え方をご紹介します。
パニック障害は自分で治療しよう
パニック障害は自分で治療しなければ治らない病気です。病院だけに依存していては治せません。
パニック障害のチェックが恐い!?
パニック障害のチェック項目があったのでやってみたら、ほとんど当てはまりました。でも恐くはありません。
パニック障害が完治する方法
パニック障害が完治する方法をご紹介します。
パニック障害でも仕事ができる
パニック障害になって仕事をどうしたらいいのか迷うと思います。そこでパニック障害でも仕事を続けてきた私の経験をご紹介したいと思います。
パニック障害の正しい接し方
パニック障害の場合、家族や職場での接し方がわからなくて困っているという方は多いと思います。そこで、パニック障害を経験している側から見た正しい接し方について考えてみました。
パニック障害とカフェインには関連がある!?
パニック障害でパニック発作の要因の一つにカフェインがあるという説は本当でしょうか?ということでパニック障害を持つ私の体験をご紹介します。
パニック障害は閉所恐怖症でもなる!?
パニック障害と閉所恐怖症にはどんな関連があるのかを経験を通してご紹介します。
パニック障害を薬なしで治す方法
パニック障害は薬なしで治すことができるものです。時間はかかりますが、少しずつ改善されて問題がないところまで治すことができる方法を、体験をもとにご紹介します。
めまいでパニック障害を起こすのはなぜ!?
めまいはパニック障害によくある症状ですが、めまいとパニック障害の関係を自らの体験を基に考えてみました。
パニック障害の対処法
パニック障害を経験している私がパニック発作の時に行った対処法をご紹介します。
パニック障害に効く薬はどれ!?
パニック障害に効く薬を探しているあなたに、私がパニック障害を克服した秘密の薬をこっそりお教えします。
パニック発作とは!?
パニック発作を克服するために、パニック発作とはどんなものかを考えてみましょう。