自律神経失調症うつ違い

自律神経失調症うつ違いは?知らないと怖い話し!?

自律神経失調症とうつ病はどう違うの?

 

 

そんな疑問を持つあなたに、自律神経失調症と
うつについての基本的な考え方をご紹介します。

 

 

自律神経失調症とうつ病の違いを知りたいあなたは、
ご自身が経験しているか、又は身近にこのような方が
いらっしゃるかだと思います。

 

ではなぜ違いを知りたいのでしょう。

 

それは、両者とも症状が似ているからではないでしょうか。

 

 

ある意味、自律神経失調症とうつ病はセットとして
考えなければならないものです。

 

 

自律神経失調症は自律神経が
正常な調整力を失う状態を言います。

 

その原因には主に心的要因があると言われています。

 

 

 

一方で、うつというのは誰でも日常的に
陥ることのある心の状態です。

 

では、うつとはどういう心の状態なのでしょう。

 

 

漢字は違いますが、「うつむく」という言葉があります。

 

 

困ったことや不安があると
うつむいてしまうと思います。

 

簡単に言うとこのような状態をうつ状態といいます。

 

 

通常は気分転換などをして、
また明るく元気になったりしますよね。

 

私達は毎日、これを繰り返しています。

 

 

うつ状態の時に気分転換をしても明るくなれず、
一日中その状態が続いて、何日も何ヶ月も
逃れられなけらば、うつ病になると思います。

 

 

何をやってももうダメとしか思えなくなってしまう。

 

そうなってくると身体にも
いろいろな症状が出てきます。

 

 

倦怠感や動悸、めまいなど、なにかの病気では?
と思われるようなものも現れます。

 

 

不安や恐怖の心にずっと支配され続けると
身体は無意識に緊張して歪んでしまいます。

 

そして自律神経にも大きな影響を与えてしまいます。

 

 

 

このことを考えるとき、自律神経失調症と
うつの繋がりが見えてくるのではないでしょうか。

 

この流れは自律神経失調症は心の病によって
引き起こされると見ることが出来ると思います。

 

 

 

 

さて、一方でこれとは逆の流れもあることを
知ってもらいたいと思います。

 

 

心の病から自律神経失調症への流れの相対に
自律神経失調症から心の病へという流れも存在します。

 

 

この場合の自律神経失調症になる原因の一つに
何らかの薬が関連する場合があります。

 

 

誰でも子供の頃から普通に飲んでいる薬なども
その危険性は否めません。

 

 

 

最も危険な薬は農薬です。

 

 

 

化学的に作られた農薬の中には
神経毒を持ったものも多いと言われています。

 

 

農作物には残留農薬というものがあります。

 

ほんのわずか作物に残留した神経毒を持つ農薬を
毎日食べ続けるとどうなってしまうでしょうか?

 

 

少しづつ神経を蝕み、自律神経失調症になってしまう?

 

そんなことも考えられると思います。

 

 

さらに言えば農薬だけでなく、食品添加物の影響も・・・。

 

 

 

そうやって自律神経失調症になった場合は、
毎日の辛い症状のために、うつになることもあります。

 

 

これらの流れを知ることは、実は治療にあたって
重要なポイントになります。

 

 

流れを見分けることによって
治療の仕方も変わって来ると思います。

 

 

 

後者の場合は心にだけのアプローチでは
改善することは難しいものです。

 

ではどうすればいい?

 

 

それには食の改善と解毒が必要になるのだと思います。

 

 

栄養や運動などを通して身体のバランスを整え、
新陳代謝を良くして行くことは有効なことではないでしょうか。

 

 

これは私自身の長年の経験から得られた考えですので
医学的な根拠はありません。

 

ですが、私は直感的にそう感じたのです。

 

そして私自身が病院や薬には一切頼らずにいろいろ実践してきた結果、
発作もほとんど出なくなって普通に暮らせるようになりました。

 

 

 

食品流通も化学の力で便利にはなりましたが、
その反面で負の要素もたくさん生み出したように感じます。

 

 

その一つが自律神経失調症という
得体のしれない病気だと今は思っています。

 

 

 

自律神経失調症は、ほとんどの場合
これらの要因が大きいのではないでしょうか。

 

 

もし、あなたが自律神経失調症と言われたのなら
このことを踏まえて、ご自身でも実践してみてください。

 

多少時間はかかっても、ベクトルは改善へと向かうことでしょう。

 

スポンサーリンク

関連ページ

自律神経失調症 症状について
自律神経失調症の症状とはどんなものなのか、自律神経失調症の様々な症状についてを考えてみました。
自律神経失調症と薬について
自律神経失調症の薬はいろいろありますが、ここでは私も飲んだことがあるリーゼ錠の効果と副作用についてかんがえてみます。
自律神経失調症の治療について
自律神経失調症の治療でこれまで受けてきた経験から有効だと思われるものをご紹介します。
自律神経失調症の改善について
自律神経失調症を改善するために必要な2つのアプローチのご紹介です。
自律神経失調症とツボについて
自律神経失調症の症状をツボの刺激で改善させるために必要なこととは?東洋医学でのツボの様々な考え方をご紹介します。
自律神経失調症と漢方について
自律神経失調症は漢方薬で改善すると言われていますが、効果や副作用はどうなっているのかを考えてみましょう。
自律神経失調症 病院
自律神経失調症を治したいと思っ時、病院の選び方や何科を受診していいのかも悩むと思います。そんなあなたのために私の経験をご紹介します。
自律神経失調症と休職について
自律神経失調症と診断されて休職して療養しても簡単に治ることはありません。では、絶望的なのでしょうか。いいえ、実はそこには希望があります。
自律神経失調症と対策について
自律神経失調症を改善するための対策はいろいろありますが、知らずに間違った対策を取ると恐ろしい結果を引き起こすことにもなりかねません。最悪の結果を避けるためにも知らなければならないことをご紹介しています。
自律神経失調症と食事について
もし自律神経失調症の原因が食事にあった場合、自律神経失調症は食事で改善されることになります。
自律神経失調症,と治し方について
自律神経失調症の不安から開放されるホントの治し方があったとしたらあなたはどうしますか?自律神経失調症の治療をしているのに良くならないと悩んでいるあなたが知らなければならないことをご紹介します。
自律神経失調症と原因について
自律神経失調症の原因を知ることは、回復への近道です。原因がわかれば症状を改善することができます。でも、自律神経失調症の原因は分かりづらいのが問題ですね。どうしたら 原因をつかめるのか、一つの考え方をご紹介します。
自律神経失調症と仕事について
自律神経失調症の症状に悩まされ、仕事にも支障が出ると退職せざるを得ないことも。そんな時には絶望してしまうこともあります。でも大丈夫です。希望はあります。
総合失調症 自律神経失調症
一般的には総合失調症と自律神経失調症は違うとされています。でも、総合失調症と自律神経失調症に関係があるとしたら?ちょっと怖い話です。
パニック障害と自律神経失調症の関係
パニック障害と自律神経失調症は関連性が無いと思われがち。でも本当は繋がっている!?
自律神経失調症は何科?
自律神経失調症かもと思っても何科に行けばいいのかわからないですよね。私もそんな経験を持つひとりです。そんな私の経験を参考にして病院や治療方法を選んでみてください。
自律神経失調症の診断について
自律神経失調症と診断された時、何に気をつけ、何をしたらいいのかを考えてみました。
自律神経失調症は入院で治る?
自律神経失調症で入院したら良いかどうかで迷っているあなたへ、自律神経失調症で入院治療をした私の経験をご紹介します。
自律神経失調症と整体について
自律神経失調症は身体のバランスが崩れることで引き起こされるものだとしたら、整体で改善できる可能性があります。