自律神経失調症 休職

自律神経失調症は休職しても治らない!?

様々な症状に悩まされ、自律神経失調症と
診断されて休職しました。

 

 

過労のために限界が来て悲鳴を上げている心身を
休職して療養すれば自律神経失調症は
治ると思っていました。

 

 

でも、会社に戻って働いたら、
また症状に悩まされる結果に・・・。

 

 

「結局、自律神経失調症は休養しても治らない」

 

 

 

そんな思いが湧いてきて絶望的になっていませんか?

 

 

実は私もそんな一人でした。

 

 

私の場合は休職と同時に入院療養をしました。

 

ただ休職するだけでは不安だったので
入院することにしたのです。

 

 

一ヶ月がたち、症状もなくなり、
不安も解消されて元気になりました。

 

 

自分でも、「もう治ったから大丈夫」と思って喜びました。

 

 

今考えると自律神経失調症を知らずに
甘く考えていたのですね。

 

 

会社に復帰してすぐにまた発作が出て
症状に悩まされることになりました。

 

 

薬もちゃんと飲んでいるから大丈夫なはずなのに・・・。

 

 

 

さて、ここから私の自律神経失調症との
長い戦いは始まりました。

 

 

初めは絶望しかありませんでした。

 

まだ若かったので、この先の人生が
どうなってしまうのかとても不安になりました。

 

「こんな状態ではまた休職しなければならない」

 

「まともに働けない人間は会社にはいられない」

 

「自分の人生はここで終わってしまうのか」

 

 

これまで描いてきた人生設計が崩れ落ちるとき
そこには絶望の闇がありました。

 

 

「自分は何のために生まれてきたのか」

 

「人間っていったい何なんだ」

 

「この世は何のためにあるのか」

 

 

そんな哲学的な思いが湧いてきて
苦しんだりもしました。

 

 

私にとって自律神経失調症は自分や世界を
見つめなおすキッカケでもあったんですね。

 

 

そこから学んだことは、自律神経失調症に限らず
「病は呼びかけ」ということでした。

 

 

どんな呼びかけなのか気になりますよね。

 

 

 

それは「変わりなさい」という呼びかけなんですね。

 

 

私はただ生れて来たのではなく、
目的を持って生れて来ているのだと言います。

 

 

でも、生れて来た時には
そんなことはすっかり忘れていますよね。

 

なので、そのまま生きていると
目的を達成することなく帰ることになるのです。

 

 

帰ってから目的があったことを思い出しても
後の祭りですね。

 

それでは困るので病気など、試練という形で
呼びかけが来るのだそうです。

 

「今の価値観や生き方では
 生れて来た目的を達成できませんよ」

 

言葉にすればそんな感じでしょうか。

 

 

 

それに気がついた時、新しい道が開かれます。

 

自律神経失調症をこの世界の問題として捉え、
解決しようと生きはじめます。

 

自律神経失調症で苦しんでいる人は
数え切れないほど存在しています。

 

自分自身がこの問題を解決できれば
その人達も解決できる道がつけられる。

 

 

そうなんです。

 

自律神経失調症で苦しんだ人の人生の目的の中には
自律神経失調症という問題を解決したいというものが
あったということですね。

 

そしてそれは解決できる力を持っているからこそ
の目的でもあるのです。

 

それを信じて精一杯生きた時に
問題は解決されて行くことになります。

 

その時には、人間としても
大きく成長していることでしょう。

 

これもまた生まれて来るときの目的になります。

 

 

ということで自律神経失調症で苦しむあなたは
この世界の光だということを忘れないで下さいね。

 

 

スポンサーリンク

関連ページ

自律神経失調症 症状について
自律神経失調症の症状とはどんなものなのか、自律神経失調症の様々な症状についてを考えてみました。
自律神経失調症と薬について
自律神経失調症の薬はいろいろありますが、ここでは私も飲んだことがあるリーゼ錠の効果と副作用についてかんがえてみます。
自律神経失調症の治療について
自律神経失調症の治療でこれまで受けてきた経験から有効だと思われるものをご紹介します。
自律神経失調症の改善について
自律神経失調症を改善するために必要な2つのアプローチのご紹介です。
自律神経失調症とツボについて
自律神経失調症の症状をツボの刺激で改善させるために必要なこととは?東洋医学でのツボの様々な考え方をご紹介します。
自律神経失調症と漢方について
自律神経失調症は漢方薬で改善すると言われていますが、効果や副作用はどうなっているのかを考えてみましょう。
自律神経失調症 病院
自律神経失調症を治したいと思っ時、病院の選び方や何科を受診していいのかも悩むと思います。そんなあなたのために私の経験をご紹介します。
自律神経失調症と対策について
自律神経失調症を改善するための対策はいろいろありますが、知らずに間違った対策を取ると恐ろしい結果を引き起こすことにもなりかねません。最悪の結果を避けるためにも知らなければならないことをご紹介しています。
自律神経失調症と食事について
もし自律神経失調症の原因が食事にあった場合、自律神経失調症は食事で改善されることになります。
自律神経失調症うつ違いについて
自律神経失調症うつ違いを知りたい人のために、自律神経失調症とうつ病の違いについて、一つの考え方をご紹介します。
自律神経失調症,と治し方について
自律神経失調症の不安から開放されるホントの治し方があったとしたらあなたはどうしますか?自律神経失調症の治療をしているのに良くならないと悩んでいるあなたが知らなければならないことをご紹介します。
自律神経失調症と原因について
自律神経失調症の原因を知ることは、回復への近道です。原因がわかれば症状を改善することができます。でも、自律神経失調症の原因は分かりづらいのが問題ですね。どうしたら 原因をつかめるのか、一つの考え方をご紹介します。
自律神経失調症と仕事について
自律神経失調症の症状に悩まされ、仕事にも支障が出ると退職せざるを得ないことも。そんな時には絶望してしまうこともあります。でも大丈夫です。希望はあります。
総合失調症 自律神経失調症
一般的には総合失調症と自律神経失調症は違うとされています。でも、総合失調症と自律神経失調症に関係があるとしたら?ちょっと怖い話です。
パニック障害と自律神経失調症の関係
パニック障害と自律神経失調症は関連性が無いと思われがち。でも本当は繋がっている!?
自律神経失調症は何科?
自律神経失調症かもと思っても何科に行けばいいのかわからないですよね。私もそんな経験を持つひとりです。そんな私の経験を参考にして病院や治療方法を選んでみてください。
自律神経失調症の診断について
自律神経失調症と診断された時、何に気をつけ、何をしたらいいのかを考えてみました。
自律神経失調症は入院で治る?
自律神経失調症で入院したら良いかどうかで迷っているあなたへ、自律神経失調症で入院治療をした私の経験をご紹介します。
自律神経失調症と整体について
自律神経失調症は身体のバランスが崩れることで引き起こされるものだとしたら、整体で改善できる可能性があります。