自律神経失調症 薬

自律神経失調症の薬って大丈夫?リーゼ錠について

自律神経失調症の薬について、いろいろ心配もあると思います。

 

自律神経失調症の要因の一つに不安や緊張があります。

 

その不安と緊張をやわらげる薬の一つにリーゼ錠があります。

 

私が30年以上前に自律神経失調症と言われて
飲んだ薬がこのリーゼ錠5mgでした。

 

このリーゼ錠の効果は不安、緊張、抑うつ、睡眠障害などの改善や
めまい肩こり食欲不振などの改善が期待されるようです。

 

当時の私は心臓が止まることの不安や恐怖のために
極度の緊張状態で毎日を過ごしていました。

 

動悸やめまい、手足のしびれや震えなどに悩まされ
夜も眠れずにいました。

 

日常生活もままならず、仕事もまともに出来ない状態で
医師に相談して入院することになりました。

 

そこで処方された薬の中にリーゼがありました。

 

入院中は薬もよく効いて普通に暮らせるようになり
一ヶ月ほどで退院しました。

 

もうこれで大丈夫と思って仕事にも復帰しました。

 

しかし、数日後に発作が起きるようになったのです。

 

その発作は不定期で度々起きるようになってきて
不安と恐怖が大きくなり、薬も効いているのか
どうかもわからなくなりました。

 

それからは発作との戦いの毎日でした。

 

突然やってくる発作で数時間は仕事もできないこともあります。

 

今思えばいい会社だったと思います。

 

そんな私でもクビにもならず、出来る仕事を与えてくれたのですから。

 

しかし、会社にも迷惑がかかることと、自分の将来のことも考えて
その会社はやめてしまいました。

 

普通ならそんな状態では再入院もあったのだと思いますが、
結婚もしていたこともあり自分が頑張らないとと思い
入院はせずに薬だけに頼っていました。

 

 

 

リーゼ錠の主な副作用には眠気やふらつき、
倦怠感などがあるようです。

 

さらにまれとはいえ、けいれんや不眠、不安が現れるなど
薬への依存症もあるようです。

 

また、全身への倦怠感、食欲不振、黄疸などの
肝機能障害もあるようです。

 

昔の自分の写真を見るとやせてげっそりしています。

 

疲れやすくて疲れが取れない状態でした。

 

今考えると、病気かと思っていた症状が
薬の副作用だったようにも思えます。

 

不安と恐怖の中になった私は、薬の副作用で
さらに不安を強めていったような感じですね。

 

 

 

今になってみると、よくぞここまで回復できたと
我ながら感心しています。

 

一切の薬をやめたここと、その後続く長年の発作を
乗り越えることが出来たのが良かったと思います。

 

それこそ薬物中毒から抜け出すような苦しみの毎日でした。

 

知れは経験した人にしかわからないことだと思います。

 

この経験からはっきり言えるのは、絶対に向精神薬は
飲んではいけないということです。

 

スポンサーリンク

関連ページ

自律神経失調症 症状について
自律神経失調症の症状とはどんなものなのか、自律神経失調症の様々な症状についてを考えてみました。
自律神経失調症の治療について
自律神経失調症の治療でこれまで受けてきた経験から有効だと思われるものをご紹介します。
自律神経失調症の改善について
自律神経失調症を改善するために必要な2つのアプローチのご紹介です。
自律神経失調症とツボについて
自律神経失調症の症状をツボの刺激で改善させるために必要なこととは?東洋医学でのツボの様々な考え方をご紹介します。
自律神経失調症と漢方について
自律神経失調症は漢方薬で改善すると言われていますが、効果や副作用はどうなっているのかを考えてみましょう。
自律神経失調症 病院
自律神経失調症を治したいと思っ時、病院の選び方や何科を受診していいのかも悩むと思います。そんなあなたのために私の経験をご紹介します。
自律神経失調症と休職について
自律神経失調症と診断されて休職して療養しても簡単に治ることはありません。では、絶望的なのでしょうか。いいえ、実はそこには希望があります。
自律神経失調症と対策について
自律神経失調症を改善するための対策はいろいろありますが、知らずに間違った対策を取ると恐ろしい結果を引き起こすことにもなりかねません。最悪の結果を避けるためにも知らなければならないことをご紹介しています。
自律神経失調症と食事について
もし自律神経失調症の原因が食事にあった場合、自律神経失調症は食事で改善されることになります。
自律神経失調症うつ違いについて
自律神経失調症うつ違いを知りたい人のために、自律神経失調症とうつ病の違いについて、一つの考え方をご紹介します。
自律神経失調症,と治し方について
自律神経失調症の不安から開放されるホントの治し方があったとしたらあなたはどうしますか?自律神経失調症の治療をしているのに良くならないと悩んでいるあなたが知らなければならないことをご紹介します。
自律神経失調症と原因について
自律神経失調症の原因を知ることは、回復への近道です。原因がわかれば症状を改善することができます。でも、自律神経失調症の原因は分かりづらいのが問題ですね。どうしたら 原因をつかめるのか、一つの考え方をご紹介します。
自律神経失調症と仕事について
自律神経失調症の症状に悩まされ、仕事にも支障が出ると退職せざるを得ないことも。そんな時には絶望してしまうこともあります。でも大丈夫です。希望はあります。
総合失調症 自律神経失調症
一般的には総合失調症と自律神経失調症は違うとされています。でも、総合失調症と自律神経失調症に関係があるとしたら?ちょっと怖い話です。
パニック障害と自律神経失調症の関係
パニック障害と自律神経失調症は関連性が無いと思われがち。でも本当は繋がっている!?
自律神経失調症は何科?
自律神経失調症かもと思っても何科に行けばいいのかわからないですよね。私もそんな経験を持つひとりです。そんな私の経験を参考にして病院や治療方法を選んでみてください。
自律神経失調症の診断について
自律神経失調症と診断された時、何に気をつけ、何をしたらいいのかを考えてみました。
自律神経失調症は入院で治る?
自律神経失調症で入院したら良いかどうかで迷っているあなたへ、自律神経失調症で入院治療をした私の経験をご紹介します。
自律神経失調症と整体について
自律神経失調症は身体のバランスが崩れることで引き起こされるものだとしたら、整体で改善できる可能性があります。